天気痛とは、、、

2020/09/25 ブログ

こんにちは!

台風が来て一気に気温が下がりましたね。雨が続いていますが、すごしやすい気候になってきたのではないでしょうか。ただ、気温の変化が激しいので、体調には気をつけたいですね。

本日はこの時期や梅雨時期の風物詩「天気痛」についてです。

「天気痛」とは何ぞや???ということなのですが、これは気象の変化で悪化する「気象病」のうち、「痛み」や「気分障害」に関するものを「天気痛」と呼びます。「湿気が多いと古傷が痛みやがるぜ・・・」っていうやつです。

天気痛が起きる要因は、気圧の変動にあります。

気圧は天気の移り変わりとともに変動していますが、人はそれを耳の奥にある内耳で感じるといわれています。内耳が急激な気圧の低下または上昇を感じると、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

前のブログを見て頂ければと思いますが、自律神経は交感神経と副交感神経からなっています。

交感神経が活発になりすぎると痛みの神経を刺激し、頭や古傷が痛くなります。

副交感神経が活発になりすぎると、倦怠感や気分の落ち込みを感じます。

先に挙げた内耳が敏感な方は、気圧の変化を感じ取りやすい状態と言えます。

内耳は平衡感覚に関与する器官なので、乗り物酔いをしやすい方は内耳が敏感になっている可能性があるので「天気痛」には要注意です。

気温差の大きい春先や低気圧が続く梅雨の時期、まさに今時期の台風シーズンは、気圧が変動しやすいので「天気痛」が起こりやすい時期になります。

「天気痛」の代表的な症状としては頭痛、めまい、耳鳴り、倦怠感、古傷の痛みなどが挙げられ、人によって症状やその重さも様々なのが特徴です。

この天気痛、あきらめている方も多いと思うのですが、実は緩和することはできるのです。

薬を飲むことも一つなのですが、もっと簡単な方法。耳のマッサージでも緩和されます。

先に挙げた通り、「天気痛」は耳の器官(内耳)が関係ありと言われています。

耳をマッサージすることで耳の血流が良くなります。

耳まわりの血流が悪いと内耳のリンパ液が滞り、めまいや頭痛を引き起こすので、「天気痛」を感じてからは勿論なのですが、この時期は普段からセルフマッサージを心がけると良いでしょう。

 

① 耳をつまんで上に引っ張って5秒

② 耳をつまんで横に引っ張って5秒

③ 耳をつまんで下に引っ張って5秒

④ 耳を餃子のようにつぶして5秒

⑤ 耳を横に引っ張りながら前後に5回ずつ回す

⑥ 耳を手の平で覆って前後に5回ずつ回す

 

また、自律神経の乱れを抑えるのも予防になります。

規則正しい生活、ストレスと上手に付き合うこと(=生活のリズムを整える)ことも重要です。ストレスで緊張が続きやすい現代社会ですが、リラックスできる時間を作り交感神経と副交感神経のバランスをとっていきましょう。

もちろんセルフの対応だけでなく、「骨盤先生のカラダメンテ 新横浜店」「SKP整体 鶴見店」「アピタからだ塾 稲沢店」でも耳(フェイス)マッサージや自律神経を整えるお手伝いを行っています。

お気軽にお問合せ下さい!

「天気痛」に関してはアプリの「ウェザーニュース」さんで予報も出しています。

予報を活用して備えて、マッサージというのも良いかもしれませんね。

weathernewsより引用”

 

 

 

別件ですが、ご紹介です。

10月より稲沢店に新しい仲間が増えます。

「近藤 宏昭と申します(アッキーと呼んでください!)。

研修も終わり、10/1よりアピタからだ塾稲沢店で勤務します。

カラダのことは何でも聞いてください!皆様のカラダメンテに寄り添います!

宜しくお願い致します!!!」

 

 

骨盤先生のカラダメンテ新横浜店、SKP整体鶴見店、アピタからだ塾稲沢店ともに皆様のお越しをお待ちしています!新しい仲間ともども宜しくお願い致します!!